前へ
次へ

鍼灸治療を行う鍼灸師になるためのコスト

鍼灸師となるのに欠かすことができない資格取得のための実践や、鍼灸師という身分で鍼灸治療のため勤務するテクニックを自分のものにするには、まず第一に鍼灸師の養成学校に通学することが求められます。これについては、鍼灸治療を行う鍼灸師となるにあたっては必須と言えます。 鍼灸師を目指すためには、はり師、きゅう師という国家資格の取得が求められるのですが、現実はこういう試験の受験資格には3年制あるいは4年制の養成学校を修了していることが入っています。 養成学校ということになりますと、養成カリキュラムが取り揃えられている専門学校並びに大学があります。養成学校に関しては国内で数十校存在しており、一般的には専門学校です。 養成学校に通学することで掛かる費用は授業料というものになります。学校によりまして授業料は違ってくるのですが、常識的には1年の授業料は百数十万円で、1年目は入学金などもひっくるめて相当な額になります。そのため卒業するまでに求められる必要となるコストは、3年制の専門学校で400から500万円、大学は500万から600万円以上求められることがあります。 養成学校においては授業料のみで400万から600万円ほどが必要不可欠です。加えて気をつけておかなければいけないのが、養成学校においての授業料以外に求められる必要となる費用です。 通常の場合、授業料に教科書代や白衣代、さらに実習費などが入っていません。こうしたところを全部揃えるといった場合、授業料の他にも10万から30万円のコストが欠かせません。鍼灸師を目指すためには、養成学校のコストと資格取得費用が必要になります。そういったものをざっと計算してトータルすると、入学から免許登録まででおおまかに450万から650万円ほどのコストになると言われています。どういった学校を選択するのかによって掛かってくるトータルコストが異なりますが、鍼灸師を目指すためにはおおむね500万円前後の額が強いられるということを覚えておくことが重要になります。

お子様のうちから口内環境を整える
一生のことだから小さなうちに矯正を済ませてしまいませんか?

治療後のメンテナンスもお気軽にご相談下さい
ご不明な点等ございましたら、治療後でもお気軽にお問い合わせください

精密なクラウン治療も可能
根管治療を専門に行っているからこそご対応することができます

新井歯科医院は患者が納得してから治療を行うので安心

Page Top